OG・在学生の声

家政学部 家政保健学科

卒業生インタビュー

養護教諭をめざす仲間と切磋琢磨し合えたことが自信に

保健室に来る子どもたちが同じように「お腹が痛い」と訴えても、背景には個々にさまざまな原因があります。そのアプローチや対処法を実践的に学べたロールプレイングの授業はとても印象に残っています。ゼミの先生の紹介で学校健診のお手伝いをし、養護教諭の仕事を体験できたことも刺激になりました。多方面から学生に学ぶ機会を与えてくださる熱心な先生と、意識の高いクラスメートに囲まれ、ともに学び、ボランティアに参加し、振り返ってみると仲間がいたから苦しい勉強も乗り越え、精神的にも強くなれたと思います。これからは命の大切さを伝えられる養護教諭になり、地元に恩返しをしていきたいです。

静岡県教育委員会 勤務(養護教諭)
K・Aさん
家政保健学科 卒業

幅広く身につけた食に関する知識を製菓業界で活かしたい

私はフードスペシャリストの資格取得を目標に、食に関する授業を数多く受講しました。「食品学実験・実習」では、人の感覚で食品の品質を評価する官能試験を用いた調査方法を学び、「商品の企画ゼミナール」では、さまざまなメーカーのお菓子を揃えて味やパッケージなどを比較、「どういう商品が売れるのか」を考察するなど、食品産業で必要とされる専門的な知識を身につけることができました。内定先であるブルボンのお菓子は幼い頃から親しみがあり、好きなものを扱えることが大きな魅力です。営業職として、小売店で消費者が商品を手に取りたくなるような売り場を作れるように、大学で学んだことを活かし挑戦したいと思います。

株式会社ブルボン 勤務(営業職)
A・Uさん
家政保健学科 卒業

内定者インタビュー

視野を広げた就活でキッチンメーカーに内定しました

就職活動では、最初から「アパレルメーカーの事務職がいい」と業界や職種を絞り込んでしまい、出足で失敗。自分が何に向いているのかわからず悩み、ゼミの先生に相談したところ、「視野を広く持ってしっかり企業研究をしなさい」と助言をいただきました。さらに先輩方や友人に相談しながら自己分析を進め、思い当たったのがサービス業でのアルバイト経験。「実は人と接することが好き」だと気づき、「接客業も向いているのでは」と考えるようになりました。それからは、さまざまな業界の会社説明会へ足を運ぶようになると視野も広がり、ほどなくキッチンメーカーのショールーム職 に内定することができました。

内定先:クリナップ株式会社(ショールーム職)
K・Tさん
家政保健学科4年

知識や技術はもちろん、心のこもった支援ができる養護教諭になりたい

地元の横浜市で、未来を担う子ども達の支えになりたいと思い養護教諭を志望しました。実習先の学校では、学習支援や宿泊体 験学習、地域の学習会などボランティア活動を積極的に行いました。実習校の先生からいただいた「奥行きのある養護教諭でありなさい」という言葉。専門知識や技術だけでなく、経験を重ねることにより磨かれる内面を大切にという教えが印象に残っています。採用試験に合格することができたのは、仲間や先生方、家族など周りの人達の支えがあったからこそ。今後も人と人とのつながりを大切にしながら、鎌倉女子大学の先生方のような情熱ある養護教諭になりたいと思います。

内定先:横浜市教育委員会(養護教諭)
R・Mさん
家政保健学科4年

家政学部 管理栄養学科

卒業生インタビュー

食品メーカーで医療食に関わり世界中の人を健康にしたい

私は「世界中の人に健康によい食品を届けたい」と考え、就職志望先を食品メーカーに絞りました。そのきっかけとなったのは、「食品機能論」の授業です。病院食などの商品の研究を行い、さまざまな食品メーカーを知って、商品を多くの人に手に取ってもらえる影響力の大きさに魅力を感じました。内定先は冷凍食品だけでなく、病院や老人福祉施設向けのやわらかく食べやすいメディカルフードの開発にも力を入れており、私も将来はその普及に関わりたいと思っています。専門職ではなく総合職として身につけた知識と資格を活かし、美味しくて安全な食品を世界中の老若男女 に広めていけるような、夢のある仕事をしていきたいです。

味の素冷凍食品株式会社 勤務(事務系総合職)
Y・Kさん
管理栄養学科 卒業

病院での食事を通じて治療に貢献できる管理栄養士をめざします

病院食には必須の減塩食。「臨床栄養学」の授業で自分の作ったレシピ通りに調理したところ、とても食べられたものではない仕 上がりになってしまい、理論だけわかっていても美味しくは作れないことを実感しました。私は入学時から医療機関で食事の面から治療に携わる管理栄養士をめざしていたため、病院食を提供する仕事の難しさを理解するとともに、医師である先生の「人体構造機能論」や「病理学」の授業などにも意欲的になりました。将来は医師や看護師などの他職種と協働し医療現場に携わる管理栄養士を目標に、患者さんには身近な存在として名前を覚えてもらえるような深い関わりを大切にしていきたいです。

独立行政法人国立病院機構関東信越グループ 勤務
(管理栄養士)
H・Iさん
管理栄養学科 卒業

内定者インタビュー

大学で育んだ忍耐力や精神力を研究開発の仕事に活かしたい

子どもの頃から興味のある「食」に関わりたいと管理栄養学科に入学。病院の管理栄養士をめざしていましたが、ゼミで食物繊維 の研究をするうちに食品開発に興味が向くように。当初は幅広い業界を対象に就職活動を行っていましたが、改めて「本当は何がやりたいのか」を考えたとき、「食」を通して人の役に立ちたい、食品開発に携わりたいという答えに辿り着きました。そこで研究開発職を第一志望に据え、毎年学校推薦があるキューピー醸造に挑戦。内定をいただきました。研究開発職には粘り強さと忍耐が必要です。大学時代に睡眠時間を削ってレポートを作成したことや根気よくさまざまな実験に取り組んだことを糧として頑張っていきたいです。

内定先:キユーピー醸造株式会社
H・Kさん
管理栄養学科4年

子ども達の記憶に残る学校給食を提供したい

東京都で活躍されている栄養士の方にお話をうかがい、その方がつくる給食に感銘を受けたことから学校栄養士をめざしました。 東京都を選んだのは自校式給食が多く、子どもの声を間近で聞けると考えたからです。公務員試験まで時間がなく、受験勉強は厳しいものでしたが、大学での管理栄養士国家試験対策講座の学びが役立ちました。面接では就職センターや教職センターの先生方からご指導をいただき、笑顔でハキハキ話すことを心がけ、部活動を頑張ったことや人との関係を大切にしていることをアピール。無事に内定をいただきました。着任後は安全で美味しく、子ども達の記憶に残る給食を提供していきたいです。

内定先:東京都(学校栄養士)
Y・Hさん
管理栄養学科4年

児童学部 児童学科

卒業生インタビュー

多くの模擬授業や実習を通じ先生になる自信と準備ができました

鎌倉女子大学では3年生までに模擬授業をたくさん行います。私にとっては人前に立って話す訓練になり、教壇に立つことへの緊 張感を軽減できたと思います。教育実習ではわかりやすい算数の授業を展開しようと、板書を少なくして自作の掲示物で教材を工夫。そのときの子どもたちの反応が好感触で、採用試験にも自信をもって臨めました。今も実習校でボランティアを続け、子どもたちとの関わり方を学んでいます。保育実習では積極的に関わる前に、子どもをしっかり観察する大切さを学びましたが、それは小学生でも同じ。「すべての学びがつながっている」と実感できるこ とが今後もたくさんあると感じています。

神奈川県教育委員会 勤務(小学校教諭)
K・Tさん
児童学科 卒業

免許取得のための幅広い学びを活かし地元に貢献できる先生をめざします

地元の小田原市で先生になりたいと思っていた私にとって、小田原市の保育事業に詳しいゼミの先生から、地元の特色ある保育 方法を教わったことや、教員向け講演会に誘っていただいたことは、地元の魅力を改めて知り、採用試験に向かってモチベーションを保つためのよい経験となりました。保育士、幼稚園教諭、小学校教諭の3つすべてを取り、子どもたちが幼稚園から小学校へ上がる際に生じる課題など、幼稚園教諭として理解しておくべき知識を身につけたことは、今後役に立つと思います。これからは広い視野をもち、4年間で学んだことを活かして自分を育ててくれた小田原市に貢献していきたいです。

小田原市 勤務(幼稚園教諭・保育士)
Y・Sさん
児童学科 卒業

内定者インタビュー

一人ひとりの子どもに寄り添い、教師としても人としても成長したい

小学校の先生になりたいと考えていた高校時代、鎌倉女子大学は現場経験の豊富な先生方が多く、学生へのサポートも手厚いと勧められ、入学しました。教職センターの先生からいただいた「自分が子どものときはどうだったか?を考え、子どもの声をよく聞くこと。授業はプロとして行うこと」という言葉が、とても印象に残っています。また、虐待・貧困など子どもを巡る問題が深刻であることを実習やゼミの研究などを通じて実感。同時に、チームで取り組むことの大切さも大学生活を通じて再認識しました。着任後は、教職員・保護者・地域の方々と連携を図りながら、子どもの成長を支えていきたいです。

内定先:横浜市教育委員会(小学校教諭)
Y・Kさん
児童学科4年

大学の手厚いサポートを受け、夢だった幼稚園の先生に

得意のピアノを活かして幼稚園の先生になるのが、子どもの頃からの夢。鎌倉女子大学は保育士・幼稚園教諭・小学校教諭という3つの免許・資格を取得できること、4年制で幅広い知識を身につけられることから選びました。教職課程の「音楽」の授業では、単に歌を教えるだけでなく、子ども達が覚えやすいよう「先生が先に歌う」「リズムやスピードを変える」「歌にまつわるエピソードを事前に話す」といった実践的な手法を教えていただきました。教員採用試験対策では、合格者報告会で先輩が教えてくださった問題集をフル活用。教職センターで何度も面接練習を受け、地元の幼稚園に採用していただくことができました。

内定先:福島県中島村立中島幼稚園(幼稚園教諭)
N・Sさん
児童学科4年

児童学部 子ども心理学科

卒業生インタビュー

子ども心理と養護教諭免許の授業両方を学べたことが私の財産です

子どもの心がわかるカウンセリング技術をもった養護教諭になることが入学時からの目標でした。「健康相談活動」の授業で養護 教諭役と生徒役でロールプレイングを行ったときは、子どもの話を聴く力、心の問題に気づく力など心理学領域で培ったスキルが役に立ち、私の養護教諭役は「話しやすい」「相談しやすい」と評価され、とても自信になりました。実習先の小学校でその後アシスタントティーチャーとなり、子どもたちとの関係を深められたことが一層、養護教諭をめざす力になったと思います。これからは支えてくれた家族や友人、先生方への感謝の気持ちを自分の教え子たちに向けることで恩返ししていきたいです。

北海道教育委員会 勤務(養護教諭)
K・Sさん
子ども心理学科 卒業

興味のあることを学べた4年間人生に役立つ教養が身につきました

児童虐待や家族関係など子ども心理学科の授業にとても興味があり、普段の生活の中では知ることのできない社会の現状や、女性が生きていくうえで必要な知識を学びたくて入学しました。幼稚園教諭の免許は取得しましたが、一般企業への就職を希望していたので、「企業学習プログラム」を積極的に受講。ビジネススキルもしっかり身につけました。内定先のビジネスキャリア職はワークライフバランスを大事にしながら女性が長く働き続けられる理想的な職種です。就職活動の自己分析を通じて人と関わることや文章を書くことが得意な自分も見えてきたため、強みを活かし、銀行員として社会に貢献していきたいです。

株式会社三井住友銀行 勤務(ビジネスキャリア職)
N・Iさん
子ども心理学科 卒業

内定者インタビュー

論理的思考力や伝える力をもとにお客様に寄り添っていきたい

大学では教職課程を履修する一方、英語プレゼンテーション実践ゼミに参加し、コミュニケーション力や情報発信力を高める毎日でした。ところが2 年次の小学校での教職等インターンシップで教師になる実感を持てず、進路に悩みました。ゼミの先生に相談し、「自分の信じた道を行きなさい」と助言をいただいたことがきっかけで民間企業に絞ることを決意。地元で就職したかったので馴染みのある金融機関を目標に、企業研究やSPI対策、短期インターンシップなどを重ねて、栃木銀行から内定をいただきました。教職課程やゼミで培った論理的思考力や相手を思いやる伝え方を、これからは銀行員としてお客様に向けて発揮していきたいです。

内定先:株式会社栃木銀行
M・Gさん
子ども心理学科4年

教育学部 教育学科

卒業生インタビュー

新しい指導方法との出会いが自信につながる強みとなりました

「国語科教育法」の授業では、物語の読解の指導にはいろいろなアプローチの仕方があること、「算数的活動」のゼミナールで は折り紙で図形を学ぶ方法などを学び、今まで経験したことのない新しい指導法に私はすっかり魅了されました。授業は一つではないことを知り、子どもの興味を引き出す指導法を深めていけたことで、教育実習では子どもたちから「わかりやすい」「先生の授業好きだよ」と言われ、とても自信になりました。春からは、「江川さんは周囲を和ませるよさをもっているよ」と言って長所を伸ばしてくれた恩師にならい、私も子どもたちのよいところを見つけ、 たくさん褒めてあげられる先生になりたいです。

相模原市教育委員会 勤務(小学校教諭)
R・Eさん
教育学科 卒業

教育学の幅広い学びと専門性の両輪で中学の国語教師の道が開けました

「生徒指導」「教育相談」「教育法」など教育学を幅広く学び、「教育インターンシップ」や模擬授業を何度も経験できる鎌倉女 子大学は、実践力を身につける機会が豊富です。だからこそ授業運営には自信をもっていました。ただ、中学校の場合、より専門的な教科指導力が必要とされるので、それをどう身につけるかが、私の一番の悩みどころでした。そんななか、「国語国文学」のゼミナールで源氏物語などを研究し、物語の教育法など国語科の専門分野を深めていけたことが、夢に近づくための力になったと思います。中学校の国語教諭としての道が開けた今、一人でも多くの生徒を「国語好き」にすることが目標です。

横浜市教育委員会 勤務(中学校国語科教諭)
M・Kさん
教育学科 卒業

内定者インタビュー

恵まれた環境や周囲のサポートで小学校の先生になる夢がかないました

教員志望なのに人前で話すことが苦手でした。そこで教職等インターンシップや教育ボランティア活動に積極的に参加。学内は少人数教育のため何度も模擬授業を行う機会があり、徐々に人前で話すことに慣れていきました。地元での教員採用試験では「新卒で合格するのは難しい」と聞き、正直迷いましたが、合格した先輩から直接お話を聞いて勇気をいただきました。周囲の仲間も教職を志す人ばかりなので、一緒に面接練習をしたり、模擬授業でフィードバックし合うなど互いに刺激を受けながら、試験対策を進める日々。親身に相談に乗ってくださる先生方をはじめ、周囲の方々に支えられ、小学校教諭になる夢をかなえました。

内定先:新潟県教育委員会(小学校教諭)
K・Mさん
教育学科4年

初等教育学科

卒業生インタビュー

短大で身につけたピアノや手遊びが私の大きな強みになっています

新任で4歳児クラス、19人の子どもたちの担任になりました。1年目は実習では経験していない行事やデスクワークも多くとまどうこともありますが、先輩方の指導をお手本に、見て真似て、吸収している毎日です。
短大時代、実習(授業)で身につけたことがとても役に立っていて、ピアノ、手遊び、絵本の読み方などは何度も練習し頑張った甲斐がありました。「手遊びはいろいろなレパートリーをもっていて損はない」と先生に言われて覚えたことが、今は私の強みとなっています。目新しい手遊びは、子どもたちの飽きやすい“待ち時間”を“ちょっと面白い時間”に変えることができます。また、授業で学んだ音楽に合わせてマット運動などを行う「運動遊び」をクラスで実践してみて、大人が思いもつかないような自由な動きを楽しむ子どもたちに驚きました。子どもたちにとっては個性あふれる表現の場になっており、学生同士で体験したときには気づかなかった、教育効果を実感しています。
今は、大好きな子どもたちから元気をもらい、保護者とのコミュニケーションの積み重ねで信頼関係もできてきました。子どもたちの笑顔のためにも、2年目はもっと自信をもって保育に取り組みたいです。

幼稚園での弾き歌いは毎日のこと。毎月新しい歌を教えていくため、短大時代のピアノの特訓の成果が活かされています。今も歌の時間には、鎌倉女子大学で使っていたピアノのテキストをそのまま愛用しています。

秦野市立みなみがおか 幼稚園 勤務(幼稚園教諭)
H・Wさん
初等教育学科 卒業

自分が生まれ育った地元で子どもたちを笑顔にする保育を

勤務先は、保育者が子どもたちの目線をもち、第二の保護者の姿勢で向き合う理想の園です。自分も幼少時代に通った園で、今は保育士として働いています。
1年目は1歳児を担当。はじめは子どもたちの意識を自分に向けることができず、話も聞いてもらえないことに落ち込みましたが、先輩の先生方がどのように声をかけ、子どもたちの注目を集めているのかをよく観察しながら接し方を学んでいきました。やがて緊張していた心のバリアが溶けてくると、子どもたちも、そんな私にバリアを張っていたのだということも理解できました。2年目の今は、大好きな子どもたちの笑顔に囲まれ、余裕をもって楽しみながら保育ができています。保護者対応でも新米ママをフォローし、安心して何でも話してもらえるような関係づくりをめざしています。
短大では小学校や幼稚園教諭の授業も取り、児童教育の分野の指導計画案作りなども学べたことが、保育計画を作る実践でとても役に立っています。基本が身についているから、現場の課題に合った計画案を工夫できるのだと自分でも成長を感じます。本園は鎌倉女子大学からの実習生も多く、卒業後も恩師や後輩と繋がっていられるのも嬉しいです。

私が保育士をめざしたきっかけとなり、幼い頃から憧れていた太田先生と今、同じ保育園で働いています。私の保育園時代の思い出は本当に楽しいことばかり。字が書けるようになったのが嬉しくて、太田先生と交換した手紙が大事な宝物でした。

認定こども園 松林こころえん 勤務(保育士)
W・Wさん
初等教育学科 卒業

短い間に成長する自分を実感。身につけた知識を現場で活かしたい

中学生のころから保育ボランティアに行くなど、子どもと関わる仕事に就くことが夢でした。できるだけ早く社会に出たいと思い短大を選びましたが、保育士と幼稚園教諭の両方に挑戦したため、1年の2月から2年の8月にかけ3回の実習があり、採用試験との両立は大変でした。ただ、1回目の実習ではできなかったことが、3回目にはできるようになり、短い間に大きな成長を実感できました。採用試験ではピアノの特訓の成果を出し切ることができ、春からは念願の先生になります。「相談援助」の授業で児童相談所の仕事や児童虐待の事例を学んだことなど、これから多くの知識を現場で活かしていきたいです。

秦野市 勤務(幼稚園教諭・保育士)
M・Iさん
初等教育学科 卒業

内定者インタビュー

保育活動の実践で得た引き出しを現場での日々に活かしたい

保育者になるのが、幼い頃からの夢でした。「遊びを中心とした体験や学びの中からこころ豊かな人間性を育成する」という理念に共感し秦野市を志望しましたが、採用試験と実習の時期が重なり、心身共につらい毎日でした。乗り越えられたのは、教職センターをはじめとする先生方の励ましのおかげです。大学では、保育活動の実践を通して「保育者としての引き出し」を増やすことができました。特に「教育方法・技術」で、80名の学生が思い思いに取り組んだ模擬保育が私の最大の強み。季節にあった遊び、行事の意味、日常の保育など、約80通りの保育活動を今後に活かしながら、公務員、 社会人として成長していきたいと思います。

内定先:秦野市(幼稚園教諭・保育士)
A・Sさん
初等教育学科2年

子どもとの関わりを楽しみながら学びを深め、成長していきたい

保育士を志望しており、早く社会に出られること、複数の資格を持つことで可能性が広がることに魅力を感じ、短期大学部に進学しました。授業には発達や心理に関する知識はもちろん、絵本や子どもの遊びなど具体的な内容が満載。「目の前に子どもがいたら、どんな反応をするのか」を考えながら、友達と受ける授業はとても楽しかったです。また保育士は子どもを預かり、見守るのが仕事だと考えていましたが、授業を通して子育て・地域支援など子どもと関わる以外にも重要な役割があり、奥が深いと感じました。学んだことを基礎に今後も学びを深めながら成長し、自分なりの理想の保育をめざしたいと思います。

内定先:大田区役所 福祉(保育士)
M・Wさん
初等教育学科2年

「子ども主体」の気持ちを忘れず一人ひとりの成長を見守りたい

高校時代、演劇部のボランティア公演で幼稚園に行き、子ども達に喜んでもらえた体験から、幼稚園教諭をめざすようになりました。初等教育学科には現場経験を持つ先生が多く、ドングリなど自然環境を用いた遊びや人形劇の制作、子どもへの声のかけ方など、実践的な知識・技術を学ぶことができました。また実習中に日誌を読み返し、「心理学」の授業で学んだことが実践できていると感じたのも印象深いですね。2年間の授業・実習等を通して私は、「子ども主体の保育・教育」の大切さを学べたと思っています。仕事に就いてもその気持ちを忘れず、職場の人と協力しながら子ども達の成長 に関わっていきたいです。

内定先:学校法人青木学園 平塚めぐみこども園
Y・Kさん
初等教育学科2年

  • 資格ガイド
  • 就職実績
  • 就職Q&A
トップ > OG・在学生の声