2010年11月22日 (月)

第7回神奈川産学チャレンジプログラムで家政学部家政保健学科の2チームが入賞しました。

 家政学部家政保健学科の学生が「第7回神奈川産学チャレンジプログラム」に参加しました。このプログラムは、社団法人神奈川経済同友会の会員企業と神奈川県内にキャンパスのある大学との産学連携の形で実施され、企業から提示された実践的な研究テーマに対して、学生がレポートを提出し、企業による審査の結果、優秀な研究は表彰を受けます。
 今年度は、32社が提示した45テーマに対し、17大学231チーム834名が参加し、65チームが入賞しました。本学からは、家政学部家政保健学科の武井安彦ゼミナール所属学生と徳橋敬一ゼミナール所属学生の2チームが参加し、2チームともに入賞しました。
 12月14日の表彰式の際、最優秀賞と優秀賞が発表されます。

【テーマ提示企業】
川崎信用金庫
【テーマ】
金融機関が取り組む子供向け金融教育について
【入賞者】
家政学部家政保健学科3年 園部恵理
家政学部家政保健学科3年 田中舞唯
1_4
(武井安彦ゼミナール)


【テーマ提示企業】
株式会社 ヨコソー
【テーマ】
景観法とこれからの建築物の色彩のあり方について
【入賞者】
家政学部家政保健学科3年 川﨑歩美
家政学部家政保健学科3年 阪本和泉
家政学部家政保健学科3年 加藤ゆかり
Photo_25
(徳橋敬一ゼミナール)