2010年08月11日 (水)

上級救命講習を実施しました。

8月10日(火)、上級救命講習を大船消防署救急隊の指導により開催しました。
体育系クラブの学生を中心に、多くの学生や教職員が参加しました。

「上級救命講習」は、心肺蘇生や自動体外式除細動器(AED)の使用法などを学ぶ「普通救命講習」の内容に傷病者管理、外傷の応急手当て、搬送法を加えたコースです。
また、上級救命講習では乳幼児を対象とした心肺蘇生や自動体外式除細動器の使用法も学ぶ高度な救命講習です。
Photo

Photo_2
講習は約8時間と長時間行われましたが、大船消防署救急隊の熱心な指導に真剣な表情で質問をする学生の姿が印象的でした。
「クラブ活動中の怪我への対応や熱中症について学ぶことができた」、「将来、子どもと関わる仕事を目指しているので勉強になった」といった感想が聞かれました。