2018年01月22日 (月)

[生涯学習センター]美術講座(K・Lコース)が始まりました。

1月22日(月)より、K・Lコース:「美術講座:近代ヨーロッパ絵画の魅力(3)-アカデミズムと歴史画の画家たち-」が始まりました。
19世紀中頃から西洋美術を取り巻く環境が大きく変化していきます。その激流の中で、アカデミックな歴史画を描き続けた画家たちがいます。オリエンタリズムに魅了されたシャセオリー、歴史画を得意とし、彫刻家でもあったジェローム、フランス・アカデミーを代表するブーグロー、ジャポニスム(日本趣味)を先取りしたジェームス・ティソ、堅実な手法で人気を博したイタリアのフランチェスコ・アイエツなど、当時の時代環境にも触れながら、豊富な画像資料で楽しく解説していきます。 

H29後期K・L(伊藤淳・美術).jpg










*写真説明:ウィリアム・ブーグリー作『ヴィーナスの誕生』


平成29年度後期プログラムについてはこちらをご覧ください。