初等部だより

2018年08月16日 (木)

親子deプログラミング~プロロでぼく・わたしのまちを紹介しよう~

 昨年から始まった親子プログラミング教室。今年は、鎌倉女子大学の食堂を会場に、KWP3(鎌倉女子大学プロロ・プログラミング・プロジェクト)の一環として、鎌倉女子大学の学生がファシリテーターとなって行われました。ロボットが動くしくみ、基本操作、プロロのセンサーを使った遊びや町探検、情報モラルなど様々な体験や学びをすることができました。大学生が一家族に一人ずつついて、とても親切に指導していただき、子どもたちも夢中になって楽しみながら取り組むことができました。
 今回の体験後のアンケートでは、子どもからは、間違えても何回でもチャレンジできることがプログラミングであるということやメンターの大学生がやさしく教えてくれたことが印象に残った、また、保護者からは、物おじせずにあれこれ試したり、自らプログラムを作ってみようと新しいことにチャレンジをしたりする子どもの姿などを見て、新たな一面を発見することができたなどの感想がありました。今後も、この夏の体験をきっかけにプログラミングや大学生との交流を通しての学びがさらに広がってほしいです。
20180807p (1).jpg20180807p (2).jpg
20180807p (3).jpg20180807p (4).jpg