初等部だより

2014年07月30日 (水)

4年生 宿泊体験学習

 7月28日(月)から7月30日(水)までの2泊3日、自然に囲まれた環境の中で、友達と一緒に活動を楽しんで行うことができました。 

 初日は、愛川公園でグループ活動を楽しんだり、陶芸教室に参加したりしました。夜には、星空観察を行い、夏の大三角形や土星を実際に目にすることができました。
2014074年宿泊 (1).jpg 2014074年宿泊 (2).jpg

 2日目の午前中には、ふれあいの村の村内でグループに分かれ、ネイチャーゲームを行いました。暑さに負けず、友達と協力して自然とふれあいながら、ゲームを楽しむことができました。午後には、半原レインボープラザで染め物体験をし、伝統工芸に取り組みました。夜は、キャンプファイヤーでクラスごとの出し物やスタンツを楽しみました。

2014074年宿泊 (3).jpg 2014074年宿泊 (4).jpg

 最終日には、社会科の水の学習をふりかえりながら、教科書からだけでは得ることができない知識を、ダム見学を通して得ることができました。

2014074年宿泊 (5).jpg 2014074年宿泊 (6).jpg

 3日間、寝食をともにし、自分たちだけで生活を行ったことは、子どもたちに大きな自信を与えてくれました。宿泊体験学習で、友達との関わりを深めたり、自然に対しての興味を深めたり、時間を意識して行動したりすることの大切さを改めて、体感することができたように思います。「人・物・時を大切にするこころ」をこれからも大切にしていくことを期待しています。

2014年07月22日 (火)

不思議(ふしぎ)発見!夏休み!

部長室より(夏休み号)は、こちらです。

2014年07月19日 (土)

体験型学校紹介② 屋内プールで水遊び体験 まもなく

mizu150.png

2014年07月14日 (月)

3年生 宿泊体験学習

 7月13~14日、3年生が足柄ふれあいの村へ宿泊体験学習に行ってきました。
 
 1日目は、生命の星地球博物館に行きました。初めて見る化石や生き物の展示物に、子どもたちは目を輝かせていました。夜はあいにくの雨でしたが、キャンドルファイヤーの幻想的な灯火に目を奪われました。
①地球博物館(1日目).jpg ②キャンドル(1日目).jpg
 2日目は丸太の森アスレチックと、ふれあいの村でのウォークラリー。グループで協力しながら自然の中を散策しました。
③村内(2日目).jpg ④村内2(二日目).jpg
 2日間、楽しいこと、大変だったこと、全員が貴重な体験をすることができました。二学期以降、この経験を生かして、一回り成長した姿を見せてくれることを期待しています。

2014年07月09日 (水)

水難事故防止講習会

 7月9日(水) 横須賀海上保安部の方に来ていただき、6年生を対象とした、水難事故防止講習会を行いました。

IMGP0650.JPG IMGP0658.JPG

IMGP0676.JPG IMGP0746.JPG

 子どもたちは、服が空気をはらむ感覚や、靴の浮力を利用した背浮きの方法などを体験しました。また、ライフジャケットを着ることによって、どのような姿勢になっても必ず浮くことができることを知り、水辺で遊ぶ際にライフジャケットを着ることが自分の命を守ることにつながると学びました。

2014年07月09日 (水)

インターネット講座(5・6年)

 7月9日(水)に、神奈川県警察少年相談保護センターより、二人の講師の方をお呼びして、インターネット及び携帯電話使用に関わる「出前授業」をおこなっていただきました。
今回の出前授業では、インターネットや携帯電話に関する犯罪やトラブル、利用する上で気をつけなくてはならないことについて、お話を聞くことができました。この授業を通してインターネットや携帯電話は、気軽に使えて便利だからこそ恐ろしい面もあるということを深く学ぶことができました。

P7090003.JPG P7090007.JPG

2014年07月08日 (火)

KDDI 携帯教室

 7月2日(水)、KDDIより講師の方を招いて、3,4年生を対象に携帯電話やインターネットの適切な使い方についての出前授業を行っていただきました。携帯電話は使い方によっては、自分がトラブルにまきこまれてしまうことがあります。文字だけで相手と自分の気持ちをうまく伝え合うことの難しさや、使い方によっては自分の健康も害してしまうことがあることを知ることができました。
    P7020835.JPG     P7020827.JPG

携帯電話を始めとして、身の回りには便利なものがどんどん増えています。使う側が、正しく使う心構えを持つことが大切だということを学ぶことができたように思います。

2014年07月03日 (木)

全体研究授業 理科 ~「魚のたんじょう」~

 7月3日(木)、本年度第2回目の全体研究授業が行われました。今回はメダカの飼育を通して、生態を知るとともに、生命を尊重する態度を育てることを目的とした授業が行われました。
 鎌倉女子大学より早石周平先生をお呼びして、指導・助言をしていただきました。その中で、実感をともなった理解につなげるために、大学と連携し、大船キャンパスの東山ビオトープの池で保護している鎌倉メダカを教材とした授業づくりがなされていました。
P7030001.JPG P7030010.JPG P7030015.JPG
 今回の授業では、メダカのお世話や卵から稚魚が産まれる様子の観察の経験をもとに、鎌倉メダカが自分たちに何を教えてくれたのかについてグループでの話し合いを行いました。ビオトープにいたメダカがとても素早く泳いでいたこと、お世話していたメダカが環境の変化で死んでしまったこと、卵を顕微鏡でのぞいたときに脈うっていたことなど、お世話を通して学んできたことを伝え合うことができました。
 鎌倉メダカが子どもたちに「生命」とは何か、どのように関わっていくとよいかということを教えてくれたように思います。理科の授業だけにとどまらず、他教科や普段の学級経営の中でも「生命」を尊重する態度を養い、他者に対しての思いやりの気持ちも育てていきたいと思います。