保育者適性型特別選抜入試

保育者適性型特別選抜入試 ※短期大学部のみ実施します。

保育者適性型特別選抜入試で求める人材

保育者適性型特別選抜では、下記(1)~(3)のすべてに該当する者に対し、幼稚園教諭や保育士としての適性を評価観点として選抜します。

  • (1)本学が定めるアドミッションポリシーに適合している者。
  • (2)本学を卒業後、幼稚園、保育所、認定こども園などで幼稚園教諭や保育士として就労することを希望する者。
  • (3)授業出席状況が良好で、すでに保育者としての基礎技能である「音楽」、「図画工作」、「体育」の基礎的な成果を上げている者。

出願資格

高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者および2019年3月卒業見込みの者で、1~3のすべてに該当する女子。

  1. 本学を卒業後、特に幼稚園教諭や保育士として就労することを希望する者。
  2. 高等学校もしくは中等教育学校における授業出席状況が良好で、明るく前向きに活動した実績を有する者。(通信制課程は出願できません)
  3. 高等学校もしくは中等教育学校において積極的に学習に取り組み、かつ「保健体育」「芸術(音楽・美術・工芸・書道)」のいずれか1つの教科の評定平均値が3.2以上の者。

出願方法

インターネット出願のみの受付となります。

  • 学生募集要項
  • 入学希望理由書

選考方法

試験当日は、小論文と面接を実施します。合否判定における評価配分は下記通りです。

  • ・調査書 20%
  • ・小論文 30%
  • ・面接 50%

各審査項目はS、A、B、C、Dの5段階で評価。
調査書は、評定平均値を数値化して加算します。
〈評点〉
3.0未満(4点)/3.0~3.4(8点)/3.5~3.9(12点)/4.0~4.4(16点)/4.5以上(20点)

試験会場

・本学(鎌倉女子大学大船キャンパス)

トップ > 受験生の皆さま > 入試情報 > 保育者適性型特別選抜入試